地黒でも白い肌でいられる

地黒の人は、もともとメラニン量が多い

産まれた時の肌の色は人それぞれ違います。
もちろん、人種の違いで肌の色が違って吐きますが、同じ日本人でも肌の色は違ってきてしまいます。

なぜ、肌の色は違ってくるのでしょうか?
それはメラニン量の違いからなのです。
色白の人は、メラニン量がもともとうまれつき少ない体質の人で、地黒の人は生まれつきメラニン量が多い体質の人なのです。
もともとメラニンの量が多いなんて損ばっかりと思ってはいませんか?
色白の人もメラニンの量は少ないですが、両者の人もデメリットがあるのです。

色白の人はしろくて綺麗な肌なので、とてもうらやましく思います。
けれどメラニン量がもともと少ないために紫外線からのダメージに対する防御する能力がとても低いために、ダメージを受けやすくなってしまい、紫外線を浴びてしまうと、シワやシミのできやすい悪影響を置きやすいのです。

また色が白いために疲れや睡眠不足でできてしまう目の下のクマや顔のくすみがとても目立ちやすくなってしまい不健康にみえてしまいます。

逆に地黒の人は、色が黒いからといって白くなることをあきらめていてはいけません。
地黒で健康的な肌にみえるので、老けてみえにくくなります。
また、紫外線ダメージももともと強くなっているため、強い肌質になっていますので、シミやしわができにくくなっているのです。

色白の人も地黒の人も紫外線対策をしっかりととることで、
もともとの肌をキープすることができて、デメリットをおさえることができます。
色白の人は、紫外線を浴びてしまったら、シミやシワ、久住ができてしまいます。
それを抑えるようにしましょう。
特に地黒の人は白い肌にあこがれていてもなかなかその白い肌になることは難しいです。
けれど日焼けをすることによったり、乾燥などといった事でくすんでしまったりすることでそれ以上黒くしてしまうことをさけることはできます。
美白をしっかりすることで、もともとの肌に戻すことは可能ですから、年を重ねる事でできてしまったくすみをしっかりととるように心がけましょう。

 

Page top

 

シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、露真珠化粧品シリーズ。8点入りトライアルセット