地黒でも白い肌でいられる

美白スキンケアの重要性

肌を白くするためには、もともとあった肌を保つために必要とされていることを今まで書いてきました。
うまれたばかりの赤ちゃんの肌はとてもぷりぷりでそれだけでなく、紫外線も全く浴びていないために真っ白で雪のような赤ちゃんが多いです。
そのような元の肌に戻るために紫外線を浴びないように日焼け対策をしたり、ビタミンCを多く含む食品を採ったりとして、できてしまった毒素を取り除いたりすることが大切です。

けれど地黒と言われているもともと肌が黒いだけど、、、
と言われている人は、もっと白くするといったことができないのでしょうか?

地黒は、生まれつきの色でもあるので、それ以上白くなるということは難しいと言われています。
日に当たっていない部分であるお腹とかの色くらいまでは白くなるといわれています。


けれど、実際には、気長に美白スキンケアを毎日続ける事で、顔がとてもすごく白くなった人もいます。
地黒だからといってあきらめることなく肌を白くするためには、すぐに効果を期待するのではなく、長い間をかけてケアをすることが大切なのです。

また、注意をしたいのは、顔だけ白くしてしまう事です。
顔だけを白くしたいと思い、美白を続けてしまっていると、顔だけが浮いてしまって、顔と首の色が全く変わってしまって、おかしくなってしまう事もあります。
顔をまずは白くしたいと考えていても顔と首は一緒だと思って美白をするようにしましょう。

もちろん、うでや足といった肌を見せることがおおい部分も白くありたいものです。

地黒だからといってあきらめる事はなく、ケアをしっかりすることが大切です。
スキンケアはくすみをとることも大事です。
そうすると、透明感のある肌になります。
透明感のある肌は、透き通った肌になり、地黒の人でも綺麗な肌に見えるものです。

まずは、紫外線を浴びないようにすること、そしてくすみを作らないようにすること。
などといった肌が黒くなってしまう原因をしないようにすることを心がけましょう。

 

Page top

 

シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、露真珠化粧品シリーズ。8点入りトライアルセット