紫外線を浴びない

季節によっての紫外線対策

紫外線が強くなるのは、夏場がもちろんなのですが、一年中、お肌の白さを保つためには、紫外線対策をしっかり理解しましょう。

紫外線が強い時期

紫外線が強くなる時期は、7月から8月はもちろんの時期です。
しかし、日焼けをしないように心がけていても外に出る機会がふえてくるゴールデンウィークのあたりを思い返してみると、日焼け対策をせずにいると、なんだか日焼けしてしまったと後悔したことがありませんか?

よくニュースなどで、紫外線情報といった天気予報などで一緒に流れる情報は、花粉情報が無くなった後くらいに情報が流れます。
その紫外線情報は、5月くらいからよく言われています。
5月は一年のうちで紫外線量が一番多いとされています。
とはいっても肌に影響があるといわれている紫外線が多いのは7月8月です。けれど天気などによっては、5月くらいも多く浴びらされることもありますから5月くらいから特に注意が必要です。


紫外線が強い地域

紫外線は日本のどこでも量が一緒という訳ではありません。
都心部や工場地帯といったちりやほこりが多い地域は、それらが紫外線の妨げになってくれますから直接紫外線を浴びる事がなく、紫外線量は少し少なくなります。
逆に、空気の澄んでいる山間部などは、妨げになるものがないために直接紫外線が注がれるために紫外線量が多くなってしまいます。

紫外線の反射

紫外線は上からだけでなく、下からも浴びされてしまいます。
それは、紫外線が反射をして肌に襲ってくるからです。
特に雪などといった白い場所は、紫外線が反射をして下からも注がれてしまいます。
スキー場では日焼けをしてしまってゴーグル後がくっきりしてしまったりするひとがいたりするのはそのためです。
冬だからと言って紫外線は注がれているため、その反射が強いスキー場は特にしっかりとした日焼け止めを塗ることが大切です。

紫外線は5月ごろから9月ごろまで特に強く降り注ぎ、日焼け対策がとても必要になってきます。
しかし、紫外線はその時期だけでなく一年中、注がれているのです。
常に肌を白くいたいとおもっている人は、一年中、紫外線対策が必要です。
夏のように、日焼け止めも強くすることはありませんが、UVカットような化粧品を使ったり、乾燥していることで日焼けをしやすい肌になりやすくなっていますから、保湿を心がけ常に潤いのあるような肌を心がける事が大切です。

 

Page top

 

シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、露真珠化粧品シリーズ。8点入りトライアルセット