紫外線を浴びない

効果的な紫外線対策について

肌を白くするためには、日焼けをしないことがなにより大切ですすが、日焼け止めや、日傘を使えば、紫外線対策になるといった安易な考えだけでは、肌を白くするだけでなく、あっという間に日焼けをしてしまったなんて後悔することにもなります。

しっかりとした紫外線対策を理解して日焼け防止をしましょう。

絶対に日焼けをしないためには、肌を露出しないように心がける事が大切です。
夏の暑い時期でも、外出時には、必ずカーディガンなどを着用して肌を露出しないようにしましょう。
とはいっても、カーディガンを着用したとしても紫外線は服を通してしまいます。
まずは、服を着るとしても日焼け止めを必ずぬることが大切です。
日焼け止めをしてカーディガンなどの上着を必ず来ましょう。
上着などの素材は、ポリエステルが一番効果的と言われています。
ですが、ポリエステルは、夏ではとても暑いです。風をとおしてくれないため、暑くて着てはいられませんが、ポリエステルは紫外線を吸収してくれると言われています。
運転するときでも、いくら車のなかとはいえ、窓を通して、紫外線は襲ってきてしまいます。
上着などを着て、肌を守ることもだいじです。
上着だけでは、手の部分が露出されてしまいますから、手袋などをして、肌が露出しないようにしましょう。

今は、UVカットの服や手袋などといった紫外線対策のグッズが多く売られています。
そのようなものを利用して紫外線が当たらないように肌を露出しないようにすることが何より紫外線対策をするために必要な事です。

夏は、外出するときには、カーディガン、手袋、帽子といったアイテムは絶対に必需品です。
それに加えて日傘もさして万全な対策を行いましょう。
特に日差しの強い午前10時頃から午後3時頃は特に注意が必要になってきます。
特に最近は、日差しがとても強いので、あまり外に出ないのが賢明です。

日焼け止めも日常での生活の場合だけでは、とても強いUVカットのクリームではなく、あまり肌に影響のないクリームを使うと肌に負担をかけなくて済むでしょう。

 

Page top

 

シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、露真珠化粧品シリーズ。8点入りトライアルセット