くすみをなくそう

メラニン色素はとっても怖いもの!

肌を白くなるためには、日焼けをしないように注意したりすることが何より大切ですが、日焼けをしなくてもくすみなどが原因で黒っぽくみえてしまうことを抑える事も美白になるために必要なことです。
くすみの原因は、紫外線をたっぷり浴びてしまった肌は皮膚の表面にメラニンが生成されてしまいます。そのメラニンがくすみの原因なのです。
くすみが原因で顔全体が日焼けのように黒ずんだり茶色く見えたりしてしますのです。
そのくすみを無くすためには、食生活から改善することが大切です。
くすみができてしまう人は、紫外線対策をしていない人はもちろんですが、タバコを吸う人もくすみができてしまいます。

それに加え、ビタミンCを多く含むような緑黄色野菜や果物をあまり採らない人もくすみの原因を作っているのです。
ということは、ビタミンCを多く含む食品を採ることで、くすみを改善することになるのです。
くすみは、果物や緑黄色野菜などに多く含まれています。
これらを常に採ることで、くすみをなくし、お肌を白く見えるようになるのです。

果物や野菜は、生でも簡単に食べる事ができます。
ただ、問題なのは、ただ採るだけでビタミンCが簡単に体内に取り入れることができるという訳ではないという事です。
ビタミンCは水溶性なので、すぐに体内から排出されてしまうのです。
そのため、ビタミンCを一度にいっぱい食べれば多く摂取できる訳ではなく、ビタミンCを何度にでも訳で採ることが大事になってきます。
一日三食の食事に毎回ビタミンCを摂取することも大事ですが、一番ビタミンCが体内に残るように食べれるタイミングは、就寝前に食べる事です。
就寝前は腎臓の働きがおわえられるため、体内にビタミンCを蓄積させる時間も増えるのです。
寝る前に食べ物を採るという事は、少しダイエットのためにも抑えてしまいがちですが、ビタミンCを多く含む食品は、果物や野菜などなので、果物などであれば、就寝前でもダイエットには影響はあまりないようです。
そのため、寝る前に果物を採るように、することで、
より多く効率よくビタミンCを採れるようにこころがけ、くすみを無くすようにしましょう。

 

Page top

 

シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、露真珠化粧品シリーズ。8点入りトライアルセット